収益還元法

不動産の鑑定評価を理解するための用語集イメージ7

収益還元法 しゅうえきかんげんほう

income approach

不動産の価格を求める鑑定評価手法の一つ。

不動産の収益性に着目した手法で、対象不動産が将来生み出すであろうと期待される純利益の現在価値の総和により対象不動産の価格を求めます。

この収益還元法による試算価格が「収益価格」です。

収益還元法には、ある一定期間の純利益を還元利回りで割ることで収益価格を求める「直接還元法」と、連続する複数の期間に発生する純利益を、その発生時期に応じて現在価値へ換算し、それらの価値を合計する「DCF法」があります。

[関連用語]

→収益価格

むかえ不動産鑑定事務所のコンタクトイメージ(ベージュ)

お気軽にお問い合わせください。

WEBお問い合わせフォームバナーイメージ
サイドバナー 電話でのお問い合わせ