地価公示

不動産の鑑定評価を理解するための用語集イメージ7

地価公示 ちかこうじ

publishment

昭和44年に制定された地価公示法に基づき、国土交通省による土地鑑定委員会が、毎年1回、標準地の1㎡あたりの地価を公表しています。

毎年1月1日現在の正常な価格を判定し、公表された価格を「公示価格」といいます。

都市計画法による都市計画区域内で標準的な土地(標準地)が選定され、それぞれの標準地につき、2人以上の不動産鑑定士が別々に鑑定評価。

そして、その結果を調整した後に、価格を決定するのが原則です。

公示価格は、一般の土地の取引価格に対して指標を与えるだけでなく、公共用地の取得価格算定の基準とされるなど、適正な地価の形成に寄与することを目的にしています。

[関連用語]

公示価格

むかえ不動産鑑定事務所のコンタクトイメージ(ベージュ)

お気軽にお問い合わせください。

WEBお問い合わせフォームバナーイメージ
サイドバナー 電話でのお問い合わせ