位置別効用比

不動産の鑑定評価を理解するための用語集イメージ6

位置別効用比 いちべつこうようひ

utility ratio for each location on each floor

不動産の平面的位置による価値の差を数値で示したものです。

同じ階層の住戸でも、各部屋の方位や角部屋か中間部屋かなどにより快適性、収益性、機能性が異なります。

その効用差を示す比率が「位置別効用比」。

同じ階層での位置による経済価値の違いを割合で示した数値です。

位置別効用比が生じる要因として、最も大きいのは開口部の方位。

一般的には南向きがもっとも高く、東向き、西向き、北向きの順番で安くなっていきます。

また、角部屋でも方位は重要な要素です。

北西角の部屋より、南東角の角部屋は高く価格が設定されています。

[関連用語]→階層別効用比

むかえ不動産鑑定事務所のコンタクトイメージ(ベージュ)

お気軽にお問い合わせください。

WEBお問い合わせフォームバナーイメージ
サイドバナー 電話でのお問い合わせ