vol.04 崖地

アプレイザーMの鑑定劇場 連載第4回目 崖地 ヘッダーイメージ

崖地

「アプレイザーM」こと、むかえ不動産鑑定事務所 代表 不動産鑑定士の向永隆則(むかえ たかのり)に、舞い込んだ4回目のテーマは、「崖地」。

崖地とは、急な傾斜のため、通常の用途に供することができない土地のこと。

一般的に傾斜度が30度以上の土地を指します。

■調査

あたり一体は、造成された分譲住宅団地。

平らな土地、斜めになった土地、いろいろあります。

よくある「平坦地」の標準的画地の価格水準は、100,000円/㎡。

アプレイザーM第4回「崖地」イメージ

対象地200㎡の一部は、崖地(傾斜地)。

崖地部分は、コンクリート壁ですっぽり覆われています。

壁に亀裂はなく、崩壊の危険はなさそう。

崖地面積60㎡、道路からの高さ約2m、傾斜角度40度というとこでしょうか。

ポイントはひと~つ。

崖地部分の価値をいかに判断するか?

宅地に高さ3m程度以下で、しかも利用障害を伴う崖地が介在する場合は、下記の算式を参考にして減価率を査定します。

減価率=(崖地部分の水平投影面積×崖地減価率)÷評価数量

崖地減価率は、崖地部分の傾斜角度、傾斜方位、利用状況などを加味して総合的に判断します。

評価

アプレイザーMローズイメージ

減価要因

崖地を含む

(説明上、他の増減価要因はないものとします)

アプレイザーMローズイメージ

格差率

アプレイザーM連載第4回 崖地 格差率 イメージ

アプレイザーMローズイメージ

評価額

アプレイザーM連載第4回 崖地 評価額イメージ1
アプレイザーM連載第4回 崖地 評価額イメージ2

おっしゃるとおり。

崖地部分は、擁壁(ようへき)や階段をつくる費用が必要となる場合が。

おまけに出入りが不便ときたもんだ。

アプレイザーMの鑑定劇場 虫眼鏡イメージ