宅地見込地

不動産の鑑定評価を理解するための用語集イメージ6

宅地見込地 たくちみこみち

building site with an interim use

不動産鑑定評価で用いられる土地の種別のひとつ。

現状は宅地ではないものの、将来的に宅地になると見込まれる土地です。

例えば、都市近郊に位置する宅地化が進んでいる地域内の農地や林地など。

現状は、農地や山林であっても、将来的には開発により宅地へと用途転換する可能性が高く、純粋な農地・山林ではなく、宅地の要素が混じっていると考えます。

宅地見込地の評価は、宅地価格の影響を受けるため、熟成度の程度に応じて転換後、造成後の宅地価格から求める方法と、素地の価格に宅地となる期待度を加える方法があります。

[関連用語]→素地

むかえ不動産鑑定事務所のコンタクトイメージ(ベージュ)

お気軽にお問い合わせください。

WEBお問い合わせフォームバナーイメージ
サイドバナー 電話でのお問い合わせ