総合設計制度

不動産の鑑定評価を理解するための用語集イメージ4

総合設計制度 そうごうせっけいせいど

Comprehensive design system

建築物の敷地に一定以上の広さの公開空地(オープンスペースの一種で、一般公衆が自由に出入りできる空地)を設ける開発者に対して、特定行政庁の許可により、容積率および各種の高さ制限(道路高さ制限・隣地高さ制限・北側高さ制限・絶対高さの制限)を緩和するという制度です。

都市計画で定められた制限に対して、建築基本法で特例的に緩和を認めています。

正式名称は、「敷地内に広い空地を有する建築物の容積率等の特例」。

特定行政庁が許可を与える基準や、制限を緩和する範囲については、各地方自治体が「総合設計制度許可要綱」を制定し、自治体ごとに独自の判断基準が設けられています。

[関連用語]→公開空地

むかえ不動産鑑定事務所のコンタクトイメージ(ベージュ)

お気軽にお問い合わせください。

WEBお問い合わせフォームバナーイメージ
サイドバナー 電話でのお問い合わせ