内法(うちのり)

不動産の鑑定評価を理解するための用語集イメージ5

内法 うちのり

inner measurement

建物の床面積を測定する際に、壁の内側の部分だけを「床面積」とする測り方のこと。

柱間隔や窓・出入り口幅を計測する時に用いられます。

不動産登記法では、分譲マンションなどの区分所有建物を登記する場合には、この内法によって床面積を計算することになっています。

内法と壁芯イメージ

[関連用語]→壁芯(へきしん)

むかえ不動産鑑定事務所のコンタクトイメージ(ベージュ)

お気軽にお問い合わせください。

WEBお問い合わせフォームバナーイメージ
サイドバナー 電話でのお問い合わせ