取引事例比較法

不動産の鑑定評価を理解するための用語集イメージ4

取引事例比較法 とりひきじれいひかくほう

sales comparison approach

不動産の価格を求める鑑定手法のひとつです。

市場性に着目した手法で、多数の不動産の取引事例をベースに、対象不動産の価格を求めます。

取引事例比較法では、まず多数の取引を収集。

その中から適切な事例を選択し、この事例価格について必要に応じて事情補正および時点修正を行い、さらに地域要因、個別的要因の比較をおこなって対象不動産の試算価格を求める手法です。

このような取引事例比較法による試算価格を「比準価格」といいます。

[関連用語]

→比準価格

むかえ不動産鑑定事務所のコンタクトイメージ(ベージュ)

お気軽にお問い合わせください。

WEBお問い合わせフォームバナーイメージ
サイドバナー 電話でのお問い合わせ