地上権

不動産の鑑定評価を理解するための用語集イメージ6

地上権 ちじょうけん

superficies right

工作物などを所有するためなどの目的で、他人の土地を使用する権利のことです。

建物所有を目的とする地上権は、借地権として借地借家法の保護を受けます。

地上権者は、自らその土地を使用できるほか、その権利を他人に譲渡したり、転貸することが可能です。

賃借権と比較して強い権利を持っているため、日本では土地利用契約のほとんどが賃貸借契約となっています。

また、地上権には、「区分地上権」や「法定地上権」など特例的なものもあります。

[関連用語]

区分地上権

むかえ不動産鑑定事務所のコンタクトイメージ(ベージュ)

お気軽にお問い合わせください。

WEBお問い合わせフォームバナーイメージ
サイドバナー 電話でのお問い合わせ