不動産市場動向

東京都練馬・杉並・中野区を拠点として不動産売却・購入までサポートするむかえ不動産鑑定事務所によるブログの「不動産市場動向」カテゴリの記事です。

2020年3月新築マンション動向―平均価格変動率が東京16区でマイナスの中、練馬区・中野区・杉並区・港区の4区ではプラスアイキャッチイメージ

2020年3月新築マンション動向―平均価格変動率が東京16区でマイナスのなか、プラスとなった4区とは?

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

助手・とん

むかえさん、こんなデータを見つけました。

ちょっとみてもらえますか。

2020年3月新築マンション平均価格変動率(前年同月比)イメージ

データ参照:時事ドットコムニュース

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

むかえ

東京23区だよね。

いきなり、これだけみてもね…。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

これは、不動産情報プラットフォーム事業を行う企業が新築マンションのビッグデータを活用し、発表した新築分譲マンションの最新動向データ。

東京23区の平均価格から前年同月比(%)を算出し、ポリゴン表示した地図データと、平均価格(万円)・平均坪単価(万円)・平均面積(平方メートル )・供給戸数(戸)を前年同月値とともに表にまとめたものだそうです。

数値データをまとめた表もあります。

3月の平均価格変動率表イメージ

データ参照:時事ドットコムニュース

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

中野区の平均価格変動率が一番高くて、練馬区・杉並区・港区をあわせた4区だけがプラスという結果なのかな。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

港区は置いておいて、練馬区・中野区・杉並区といえば当事務所のお膝下エリアですよ!

その理由は、これから分析してみたいと思いますが、ちょっと嬉しいので、ご報告まで。

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

これからの動向もしっかりウォッチして、分析してみて。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。