雑記

東京都練馬・杉並・中野区を拠点として不動産売却・購入までサポートするむかえ不動産鑑定事務所によるブログの「雑記」カテゴリの記事です。

2019年10月発表不動産情報サイト 利用者意識アンケート調査イメージ

今年話題の不動産用語といえば……

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

助手・とん

むかえさん。毎年、不動産情報サイト事業者連絡協議会がまとめている「不動産情報サイト
利用者意識アンケート」ってご存知ですか?

2019年10月28日に2019年度の調査結果が発表されています。

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

むかえ

不動産情報サイトの利用実態とその推移を調査しているアンケートだね。

特に、物件契約に至ったユーザーの方々の行動や特徴がフォーカスされているはず。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

そうです!

ただ、その調査のなかで、不動産用語の理解度に関する項目があるのですよ~。

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

今年は、どんな言葉の理解度を調査したの?

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

売買と賃貸でわけて調査していて、売買では、「民泊」「長期優良住宅」「住宅瑕疵担保責任保険」「住宅性能評価書」「スマートハウス」「建物状況調査」「ZEH」の7語。

賃貸では「民泊」「長期優良住宅」「住宅瑕疵担保責任保険」「スマートハウス」「住宅性能評価書」「IT重説」「賃貸管理業登録制度」の7語です。

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

その用語のなかなら、「民泊」という用語はご存知の方が多いはず。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

正解です!

理解度は「よく理解している」「まあ理解している」「聞いたことはある」「知らない」の4段階に設定されていて、民泊は「まあ理解している」が売買でも賃貸でも40%を超えています。

「よく理解している」と「まあ理解している」を足すと7割の方が理解しているということになるわけです。

「不動産情報サイト利用者意識アンケート」調査結果 不動産用語の理解度 売買編グラフ
「不動産情報サイト利用者意識アンケート」調査結果 不動産用語の理解度 賃貸編グラフ

不動産情報サイト事業者連絡協議会「不動産情報サイト利用者意識アンケート」調査結果(PDF) 2019/10/28発表

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

このグラフをみると、ほとんど浸透していない用語は、「ZEH(ゼッチ)」と「賃貸管理業登録制度」。

「ZEH」は、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略称。

「賃貸管理業登録制度」は、平成23年12月に創設された制度だから、仕方がないかな。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

私も「ZEH」って、何の略語か、わかっていなかったです(汗)

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

「長期優良住宅」や「住宅瑕疵担保責任保険」「住宅性能評価書」「建物状況調査」は、土地だけの取引を除く不動産の売買をする際にはぜひ知っておいてほしい用語。

当むかえ不動産鑑定事務所のブログでも、解説していこうね。

写真はイメージです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。