不動産売買

東京都練馬・杉並・中野区を拠点として不動産売却・購入までサポートするむかえ不動産鑑定事務所によるブログの「不動産売買」カテゴリの記事です。

2019年10月発表不動産情報サイト 利用者意識アンケート調査イメージ

「親からの贈与」利用の住宅購入資金平均額がアップ!

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

助手・とん

今回は、2019年11月6日に不動産流通経営協会(FRK)が発表した2019年度「不動産流通業に関する消費者動向調査」の結果について、取り上げたいと思います。

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

むかえ

居住用の不動産を取得した方々の取得行動などを把握する目的に行われている調査だね。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

そうです!

そのなかで、住宅購入資金の内訳を調べています。

図をつくってみましたので、ちょっとご覧ください。

第24回(2019年度)不動産流通業に関する消費者動向調査 住宅購入資金の内訳より

参照元:不動産ニュース2019/11/6「買い替えの約37%で売却差益が発生
一般社団法人不動産流通経営協会(FRK)「第23回不動産流通業に関する消費者動向調査 調査結果報告書(概要版)」

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

新築住宅購入も既存住宅購入も、「親からの贈与の平均額」が前年よりアップしているね。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

そうなんです。

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

この調査の期間はいつだっけ?

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

2018年4月1日~2019年3月31日ですよ。

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

なるほど!

そうなると、次回の調査結果では、「親からの贈与」がもっとアップするね。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

なぜですか?

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

実は、2019年10月からの消費税増税に対する、住宅購入需要の反動減対策として、期間限定で住宅取得等資金贈与の特例の非課税枠が拡充されているよ。

2019年4月1日~2020年3月31日までの間、消費税率10%でマイホームを取得する人に限り、非課税枠が最大3,000万円(省エネ等住宅)までにアップ。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

消費税10%で取得する場合ですか……。

では、個人間取引の中古住宅などの取得は対象外になってしまいますね?

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

そうなんだよね。

ただ、この制度では、贈与を受ける側お一人につき3,000万円の非課税枠なので、兄弟でどちらかだけでなく、それぞれに贈与してもOKなんだよ。

ただ、受贈者には要件があるだけでなく、さまざまな要件があるから注意が必要。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

1年間だけの時限措置ですが、相続税対策になりそうですね。

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

来年の調査では、どれだけの方がこの制度を利用したかがわかるだろうね。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

いろんな制度があるから、しっかりと勉強しておきます!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。