特殊価格

不動産の鑑定評価を理解するための用語集イメージ4

特殊価格 とくしゅかかく

value of a non-marketable property

不動産の鑑定評価で求める価格の種類のひとつです。

文化財等の一般的に市場性を有しない不動産について、その利用現況等を前提とした不動産の経済価値を適正に表示する価格のこと。

文化財の他には、宗教建築物または現況による管理を継続する公共公益施設に供されている不動産になど。

通常取引されず、その保存に主眼を置いた価格のことを言います。

価格の概念としては、特殊価格のほかに、正常価格、限定価格、特定価格があります。

[関連用語]

限定価格

正常価格

むかえ不動産鑑定事務所のコンタクトイメージ(ベージュ)

お気軽にお問い合わせください。

WEBお問い合わせフォームバナーイメージ
サイドバナー 電話でのお問い合わせ