不動産市場動向

東京都練馬・杉並・中野区を拠点として不動産売却・購入までサポートするむかえ不動産鑑定事務所によるブログの「不動産市場動向」カテゴリの記事です。

掘り下げてみよう!基準地価格イメージ

掘り下げてみよう!東京23区の基準地価格(1)平均価格ランキング

住宅地に商業地、バランスが良い区は……

先日の記事「出ました!令和3年都道府県地価調査結果!」で、2021年年9月22日(水)に発表された令和3年都道府県地価調査結果をご紹介しました。

この記事では、全国の傾向とその要因、東京都全域・23区の変動率に触れましたね。

変動率をみるのは、地価の動きをみる上で、有益ですが、今回の記事では、東京23区の住宅地・商業地の平均価格にフォーカスしてみたいと思います。

まずは、おさらいです。

23区の変動率を改めて確認してみましょう。

地区区分
住宅
商業地
工業地
全用途
千代田区
1.1
▲1.2
▲1.0
中央区
1.1
▲1.9
▲1.5
港区
1.8
▲0.7
2.0
0.1
新宿区
1.0
▲1.8
▲1.0
渋谷区
0.3
▲0.6
▲0.3
文京区
0.3
0.3
0.3
台東区
1.8
0.0
0.2
墨田区
0.4
0.5
0.5
江東区
0.8
0.5
2.1
0.8
品川区
1.9
▲0.1
0.8
目黒区
0.8
▲0.1
0.4
大田区
0.3
0.4
2.4
0.4
世田谷区
0.1
0.4
0.2
中野区
0.8
0.6
0.7
杉並区
0.8
0.6
0.8
豊島区
1.2
0.0
0.5
北区
0.3
0.4
1.2
0.4
荒川区
0.6
0.4
0.5
板橋区
0.2
0.1
0.2
練馬区
0.4
0.0
0.3
足立区
0.7
0.1
1.2
0.5
葛飾区
0.1
▲0.2
0.0
0.0
江戸川区
0.1
▲0.2
0.0
区部全域
0.5
▲0.3
1.7
0.1

住宅地で上昇率が最も高いのは、品川区の1.9%。

次いで、港区・台東区の1.8%でした。

一方、区部の商業地の動向としては、杉並区と中野区が0.6%でトップでしたね。

では、平均価格ランキング・住宅地編をご覧いただきましょう。

順位
地区別
地点数
平均価格(円/㎡)
1
千 代 田 区
4
2,992,500
2
港 区
10
1,976,000
3
中 央 区
4
1,216,300
4
渋 谷 区
10
1,178,500
5
文 京 区
7
945,100
6
目 黒 区
9
831,700
7
品 川 区
11
813,900
8
新 宿 区
12
741,500
9
台 東 区
2
718,500
10
豊 島 区
9
655,200
11
世 田 谷 区
45
610,900
12
中 野 区
11
580,800
13
杉 並 区
25
572,800
14
荒 川 区
6
556,300
15
江 東 区
14
517,900
16
北 区
12
497,400
17
大 田 区
25
465,800
18
板 橋 区
19
430,800
19
墨 田 区
5
428,000
20
練 馬 区
37
374,900
21
江 戸 川 区
28
351,900
22
足 立 区
27
330,000
23
葛 飾 区
20
315,200

この順位、実は令和2年と全く同じです。
価格に多少の変動はあっても、順位の変動はありませんでした。

次は、平均価格ランキング・商業地編です。

順位
地区別
地点数
平均価格(円/㎡)
1
中 央 区
27
5,955,600
2
渋 谷 区
18
5,587,200
3
港 区
27
5,381,100
4
千 代 田 区
28
5,272,600
5
新 宿 区
29
4,748,200
6
豊 島 区
13
2,474,700
7
目 黒 区
7
1,649,900
8
台 東 区
24
1,584,600
9
文 京 区
11
1,566,400
10
中 野 区
10
1,296,700
11
品 川 区
12
1,175,100
12
世 田 谷 区
16
1,055,300
13
北 区
10
989,800
14
杉 並 区
14
973,100
15
江 東 区
11
839,500
16
荒 川 区
8
789,600
17
大 田 区
17
771,400
18
板 橋 区
13
723,200
19
練 馬 区
12
713,900
20
墨 田 区
14
676,900
21
江 戸 川 区
12
663,200
22
足 立 区
21
560,800
23
葛 飾 区
8
552,800

商業地の順位も、令和2年と全く同じ。
価格に多少の変動はあっても、順位の変動はありませんでした。

都心5区(千代田・中央・港・新宿・渋谷区)の商業地は、いずれもの変動率は下落でしたが、平均価格ランキングでは順位の変動なしという結果になりました。

注目したいのは、中野区

これらのランキングで、当事務所が注目しているのは中野区です。

平均価格ランキングは、住宅地で世田谷区に次ぐ12位。
商業地では、文京区に次ぐ10位となっています。

中野区は、新宿・渋谷といった都市部に隣接するエリア。
さらに、2014年に終了した中野駅北口再開発に続き、2028年完成予定の中野サンプラザの再開発も控えていて、商業地としてのポテンシャルも備えている地域です。

さらに、中野区の中心と言えるJR中野駅は、サンモール商店街や中野ブロードウェイなどサブカルの聖地という個性も。

にぎやかで、便利な「中野区」。

当事務所の拠点とするエリアでもありますので、今後に注目していきたいところですね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。