不動産市場動向

東京都練馬・杉並・中野区を拠点として不動産売却・購入までサポートするむかえ不動産鑑定事務所によるブログの「不動産市場動向」カテゴリの記事です。

週刊ビル経営イメージ

東京都心オフィス空室率19カ月上昇。平均賃料は14カ月連続の下落

テレワークの普及などにより、オフィスを解約する動きが続く

9月の東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)の空室率が発表されています。

9月時点の平均空室率は、6.43%
8月に比べて、0.12ポイント高くなりました。

供給過剰の目安は5%と言われていますので、オフィス需要の縮小が続いています。

地区別平均空室率

区分
2021
01
2
3
4
5
6
7
8
9
前月比
東京ビジネス地区
4.82
5.24
5.42
5.65
5.90
6.19
6.28
6.31
6.43
▲0.12
千代田区
3.52
3.85
3.85
4.33
4.42
4.51
4.54
4.49
4.61
▲0.12
中央区
4.10
4.68
4.75
4.98
5.02
5.41
5.60
5.59
5.60
▲0.01
港区
6.54
6.88
7.30
7.38
7.55
8.05
8.30
8.49
8.68
▲0.19
新宿区
4.34
5.02
5.33
5.64
6.47
6.32
6.19
6.08
6.13
▲0.05
渋谷区
5.23
5.55
5.49
5.32
6.02
6.68
6.45
6.67
6.75
▲0.08

特に、港区と千代田区で空室率が上昇。
港区は8月比0.19ポイント高い8.68%と、5区で最も高い上昇率となりました。

9月時点の東京ビジネス地区の平均賃料は、20,858円
14カ月連続の下げとなりました。
前の年の同じ月と比べて8.25%(1,875円)、前月と比べて0.35%(74円)下落しています。

オフィス需要については、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でテレワークが普及していること、オフィスの移転や集約のために企業の間で都心のオフィスを解約する動きが続いていることにより、下落傾向が続いています。

なんと、2025年にはリーマン・ショック後の空室率水準を超える見通しも出始めました。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

助手・とん

9月もまた空室率が上昇してしまいましたね……

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

むかえ

19カ月連続だよね。
上昇のペースは緩やかになってきたものの、まだ上昇が見込まれている。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

コロナ禍で働き方は大きく変わっていますから、今後のオフィスに求められることも変化してきていますよね。

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

先行きについて不安があるかもしれないけれど、変化に対応することが大切。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

そうそう。
むかえさん、オフィスビルのあり方についての記事を執筆していましたよね。

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

ビル経営者のための業界新聞「週刊ビル経営」(2021年9月20日号発行)で「ポストコロナ時代の需要を取り込むオフィスビルのあり方とは」というコラム記事を執筆させていただきました。
転載許諾を得ておりますので、ご興味をお持ちの方は、ぜひ下記のリンクボタンからご覧ください。

週刊ビル経営 2021年9月20日号発行紙面イメージ

→PDFファイルで記事を読む(156kb)

データ参照:三鬼商事株式会社 オフィスマーケットデータ(東京)2021年9月時点データ

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。