不動産価格

東京都練馬・杉並・中野区を拠点として不動産売却・購入までサポートするむかえ不動産鑑定事務所によるブログの「不動産価格」カテゴリの記事です。

2020年路線価公表も、新型コロナの影響で修正の可能性あり??アイキャッチ

2020年路線価公表も、新型コロナの影響で修正の可能性あり??

2020年7月1日(水)に、国税庁が令和2(2020)年分の路線価を発表しました。

路線価は、相続税や贈与税の算定基準になる大切な指標。
毎年7月1日に発表されるため、この時期に話題になるニュースのひとつです。

今回発表されたのは、「全国平均で前年比1.6%のプラス。5年連続で上昇。」という内容でした。

路線価の全国1位は、35年連続1位で毎度おなじみの東京都中央区銀座5丁目の文具店<鳩居堂>前。

1平方メートルあたり4592万円でした。
これ、マスク1枚分で約68万円となるそうです。

一方、都道府県庁所在地の最高路線価の上昇率トップは、沖縄県那覇市久茂地3の国際通り(40.8%)。
2位は、大阪市北区角田町の御堂筋(35.0%)。

沖縄県は都道府県別の上昇率でもトップ(10.5%)で、2位は東京(5.0%)。
21都道府県が上昇という結果となりました。

null

[参照元]電子版日本経済新聞掲載記事より2020/7/1 11:00現在

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

助手・とん

今年の路線価、出ましたね。

この路線価は、不動産鑑定士が携わる評価によるものですから、この時期ちょっとだけ不動産鑑定士にスポットライトがあたって嬉しいです。

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

むかえ

いや、スポットライトが当たっているのは、土地の価格だから。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

まあまあ、不動産にスポットライトがあたたっているということで!

ちなみに、今回発表された路線価というのは、発表された7月1日時点の価格ではないのですよね。

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

そう、1月1日時点なんだよね。

だから、新型コロナウイルスの影響を受ける前の価格ということになる。

全国平均で5年連続上昇というと、今の景況感からすると違和感があるかもしれないけれど、半年前の調査だから、こういった結果ということ。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

確かに、1月1日時点では、訪日外国人は多かったですしね。

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

4-5月は新型コロナウイルスの影響で、上場企業などによる不動産売買額が明らかに減っているし、売買は低調気味。

地価の下降傾向は続く可能性も。

だから、国税庁は、今後の地価の推移によって、路線価の減額修正を可能にする措置を導入する方針らしいよ。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

え!公表された路線価を変更するってことですか。

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

うーーん、今までそんなことは一度もなかったようなので、初めての事態ということになるよね。

9月ごろに国土交通省が発表する、7月1日時点の基準地価の結果をみて、地価が広範囲で20%以上下落した場合、地域ごとに一定の係数を路線価に乗じて減額する案を検討しているらしい。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

今後も地価の動きに注目しなくてはいけませんね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。