不動産市場動向

東京都練馬・杉並・中野区を拠点として不動産売却・購入までサポートするむかえ不動産鑑定事務所によるブログの「不動産市場動向」カテゴリの記事です。

記事「西村担当相、テレワーク拡大による不動産市場への影響を注視分析」アイキャッチイメージ

テレワーク拡大による不動産市場への影響を注視分析

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

助手・とん

先日のブログ記事「新型コロナの影響で、郊外の不動産のニーズ高まる?」で、経済再生担当大臣が記者会見で郊外の不動産が好調と言っていた話をしました。

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

むかえ

テレワークの拡大で、過密で通勤も過酷な都市部より、適度に人口密度の低い郊外や地方の方が良いと考える人が増えているという話だったね。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

そうです。
今日は、その影響で、オフィス需要がどのようになっているかという話をしたいと思います。

オフィス空室率が4ヶ月連続で上昇

オフィスビル仲介の三鬼商事(東京・中央区)が7月9日(木)に発表した都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)の6月の空室率は1.97%で前月より0.33ポイント上がりました。

東京5区のオフィスビル平均空室率
東京ビジネス地区の平均空室率イメージ

これで、空室率は4カ月連続で上昇となります。

三鬼商事では下記のように分析しています。

6月はコロナ禍の影響を受けて移転や成約に向けてのテナントの動きに遅れが出てきたことや、館内縮小に伴う解約もあったため、同空室率が上昇しました。

一方で、6月の平均賃料は22,880円、新築ビルが32,868円、既存ビルが22,607円。
いずれも前月の平均賃料を上回っています。

東京5区のオフィスビル平均賃料
東京ビジネス地区の平均賃料イメージ

2020年6月期東京ビジネス地区の平均賃料・空室率イメージ

空室率と平均賃料はいずれも上昇しています。

さらに、都心5区(ビジネス地区)それぞれの平均空室率をみると、最も空室率が高まっているのは、渋谷区です。

東京5区別の平均空室率
東京ビジネス地区別空室率イメージ

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

やっぱり、状況はよくないね。
渋谷区は、景気変動に対する感応度が高いIT(情報技術)ベンチャーやスタートアップ企業などが集積しているから、他の区に先行して、オフィス状況の変化が出ている。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

経済再生担当大臣は、経済界に要請する項目として「テレワーク7割・時差通勤、大人数の会食を控える」とご自身のツイッターに投稿しているのですよね……。
そうなると、ますますオフィスの空室率が高まりそうです。

むかえ不動産鑑定事務所の代表「向永隆則(むかえたかのり)イラストイメージ

大臣は、感染防止策を講じながら、社会経済活動との両立を図っていくことが大切と言っているよね。
テレワークにより新しい働き方、新しいワークライフ・バランスを生むので、それらが不動産市場にどういう影響を与えるのかについては注目し、分析していかなければならないと発言しているよ。

むかえ不動産鑑定事務所 助手のとん イラストイメージ

うーーん。。。。。
社会構造を変えていくことが大切なのですかね……。

参考データ:三鬼商事HP「東京オフィスマーケットデータ」2020.08.05現在 https://www.e-miki.com/market/tokyo/index.html

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。